(´・ω・`)
作業風景

本日は先角交換です ってこれBK314シャフトの先角なんですよw 純正の先角って柔らかくて熱に弱いんですねコレ っでCUEスピードの出せる人の先角って 摩擦熱で溶けるんですよwって事で今回の作業依頼は溶けない先角に交換希望とのことだったので エイジス-Uを装着する事になりました 性能は? って聞かれるんですが 大きな差は出ませんコレ ブレイク用なので大体いけちゃいます ってことで作業開始

これがCUE専用の旋盤ですセンタ-出しとかメンテナンス&設定は当然自分で行います、この旋盤かなりモデファイドしましたw

今回の作業依頼された先角 溶けては削ってタップ付け替えてを繰り返していたようです この状態見るとかなりのCUEスピードで打ち込んでいるんですね

古い先角を旋盤で切削して取り除きますっで 軸の露出する状態まで削り込みます これ314だからシャフトの中空洞になっていてウレタンフォームが入っています 写真だとチョット解り難いかな(´・ω・`)

ここで測定します 臍の径10.10mmで長さ14.2mmでしたこれをメモしつつ次の作業です

材料加工していますコレ 先角の全長20mmで作成して先ほどのデータ通り内径10mmで15mmほど切削していきます 加工終わったら座面を加工して装着時に浮きが出ないよう加工します

臍を10.10mmから10mm丁度まで削ります そして接着剤の準備 コレ2液性の接着剤で対衝撃性の十分にある物を使用します 木工ボンドでやる職人さんもいるようですが中空シャフトには相性が良くないと思いますのでてんちょは2液性の接着剤使います(中空合板シャフトは内部からの剥離が起き易いんです)

臍に先角装着です完全硬化するまで待ってから旋盤にて加工します

余分な太い部分を削り込んで行きます っでシャフトと先角の段差が0.1mm位のところまで削って寸止めしますw この状態から更に旋盤で切削すると削リ過ぎるのでこの辺でとめておかないと出来上がりの状態が かっこ悪くなってしまうんですねコレ 
右の写真ですが#400番のヤスリで0.1mmを削って丁度いい径に加工します

仕上げに#1000の紙やすりで磨き込んで終了ですコレ 今回タップの
取り付けのご要望が無かったので現状でのお渡しとなりました
314の先角プレー用のシャフトにエイジス-U付ける時が有るのですが
若干見越しが出る場合があります ご注文の際にはご注意下さい
 314にフェイクアイボリ-を装着してみました 材質柔らかいので
314と変わらなかったですね 見た目も象牙っぽくて314とは思われま
せんでした 見越しっを少なくするために 各社いろいろな事をやって
いるんですね 基本的にはいかに先角を軽くして当たりを柔らかくするか
って所なんですね メウチのレッドドットも先角の中空洞にしてあったり
コグノセンティはシャフトの全長詰めてみたりとかその他テーパー角度でも
チョット影響出てきたりとか作業していると各メ−カーさんの考え方が
伝わってきて面白いですね

コレ 古いインサ−トを取って新しく作り直す作業ですねw たとえば 当たりシャフトが有り それをジョイントタイプの全く違うCUEに装着したい場合に 行う作業です コレ パイロテッドの18山でしたが3/8-10のジョイントのCUEに装着する予定なので作業していきます

こんな作業もやっています

旋盤に装着です

細いドリルで0.5mmづつ大きく掘って行きます

地味な作です

内径14.5mmで穴あけてみました なぜ14.5mmかって?ちゃんと理由あるんですよコレ 材料の規格でジョイントのリングの内径16mmなんですよ  っで16mm丁度で切削するとリングが破砕してしまうんですw なので強度を保つため少々肉厚を多くとっておきます そのほかにも14.5mmにする理由も有るんですw 某カスタムCUEメ−カ-のシャフトでリング部がセンタよりちょっとズレて取り付けられているのが有るんですよコレ 16mmとかで削ったら完璧にリング破砕してしまいますwだからちょっと多めに肉厚残さないといけないので14.5mmで切削する訳なんです 

穴開けたので塞ぐ材料作っています

14.4mmで切削して接着剤塗って挿入

余っった部分を切り取ります

面を旋盤で切削

シャフトのセンタ−(芯)出します

これで下穴完成

ここまでくればあとは簡単です この状態から ユニロックも作れるし パイロテッドにするのも可能 ラジアル コグノの台形ネジ 木ネジなんでも作れます
シャフトを埋める材料はメイプルでやっていますが 樹脂でこれをやると打感がかなり硬くなります 以前コグノ用で作ってみたけれど硬すぎてタッチが悪くなりましたw 樹脂ピンはメイプルの方が相性いいですね
次回 コグノセンティの台形ネジの切削でもアップしてみます